【Blender】ハイポリゴンから AlbedoMap NormalMap HightMap AOMap 作るメモ その4

投稿者: | 2019年7月23日

テクスチャーをプロジェクトに追加する。

エクスプローラー上からUnityの Projectウィンドウ内の Assets に各ファイルをドラックドロップします。

エクスプローラー上だけでファイルを入れ替えると、metaファイルとの整合性が壊れる可能性があるので、可能な限りUnityのProjectウィンドウに持っていくのをおすすめします。

Unity 上でマテリアルの編集

前回でテクスチャーが完成したのでUnityでの作業に移ります。

マテリアルの作成

ローポリのFBX を読み込みマテリアルを選択状態にします。

Inspector で マテリアルのアイコン上で右クリックから CreateMaterial Preset を選びます。

これでオリジナルのマテリアルのコピーができます。こちらを編集していきます。

テクスチャーの設定

Albedo に “歩兵albedo”
Normal Map に “歩兵normal”
Hight Map に “歩兵hight”
Occlusion に “歩兵ao”
をドラックしていきます。
Normal Map ドラック時に This texture is not marked as a normal map と出るので Fix Now ボタンを押してください。

マテリアルを更新する

再度 ローポリの FBX を選択し、Inspector のMaterials タブを選択し、作成したマテリアルを material にドラックして Apply を押し参照するようにします。

完成。

完成した モデルを Hierarchy にドラックすると利用できるようになりました。

こちらが作成したモデルの 「将棋倒し」デモになります。

何度か取り直した:p

【Blender】ハイポリゴンから AlbedoMap NormalMap HightMap AOMap 作るメモ その4」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【Blender】ハイポリゴンから AlbedoMap NormalMap HightMap AOMap 作るメモ その3 | | ぶろねこ -Blog on NEKOTEAM-

コメントを残す